top of page
  • 執筆者の写真climateyouthjapan

COP26 Week 1 Day 4

「COP26」4日目が終了しました!日中はスーツジャケットで過ごせますが、夜になるとダウンジャケットが必要になる気温に下がるそんな日々を送っています。昨日は日本がまたもや化石賞を受賞してしまいました。カナダ、ニュージーランド、アメリカなど20カ国が2022年までに国外の石炭燃料事業への公的融資停止に署名したにもかかわらず、日本は参加せず。日本はより厳しい立ち位置に。


COP26は法律や国際レベルの国連の対話だけでなく、ビジネスを通して「net zero」の実践に取り組んでいる企業や自治体も多く参加しています。本日はそんなビジネス会の人々と国内に持ってこられる技術、思考、その他メソッドについてネットワーキングをしてきました。デンマークの自治体では、気候変動や投票について小学生から学びます。イギリスの建設業も、大きく「green transition」を進めていることについて盛り上がっていました。

実践的に動いている専門家との対話のあとは、ひとまずカフェテリアでベジタリアンのプロっコリーとフライドポテトを食べて休憩を。現地に派遣されている日本人の方やネパール人のユースの仲間と食事をとりました。



そのあとは日本の若者の活動を取材していただき、海外から参加しているユース仲間をメディアに紹介しました。取材を終えたらまたパビリオンに戻り、green jobsに取り組んでいるノルウェーやスウェーデンのパビリオンにて情報交換をしてきました。ロビー活動をする日は前日まで続いていましたが、本日はネットワーキングが中心の行動をし、レバニーズ料理を食べて1日を終えました。


明日は待ちに待った「ユースの日」です。朝からFFF Scotland主催の「 youth climate protest」や若者サミットCOP会場であります。ユースが求める改革について知るいい機会なので皆様もオンラインからぜひご参加ください!



閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page