top of page
  • 執筆者の写真climateyouthjapan

NY Climate Action Summit報告③

更新日:2019年12月27日

22日夕方、市内のホテルにて、小泉環境大臣と私も含めた4人の若者の意見交換会を設けていただきました。小泉大臣は、フランクな語り口で、私たち一人一人に話を振っていただき、各々の環境問題に興味を持った背景から今の日本の環境政策のあり方まで多様なテーマで意見交換をしました。





提言書はこちら


また、日本の気候変動の大きな取り組みとしてあった京都議定書の話が出ると、小泉大臣自身も初日から各国の要人に対して京都議定書に対する意見を交換していたようで、京都議定書における日本のリーダーシップが十分でなかったことも述べておられました。これについては、まずはCOP25に向けてホスト国チリとの連携を深めていくとのことで、今後COPのような国際交渉の場でいかに日本が主導権を握っていけるかは大きな焦点になってくると思います。


他にも、昨年の西日本豪雨を始め、気候変動の影響は日本各地で顕著に現れており、小泉大臣も千葉の被災地を訪問されていたため、気候変動災害の話も出ました。気候変動による被害がこのままでは大きくなる事が明らかなのにも関わらず、有効な対策を打たないことは、払うはずのなかった多くの代償を伴うことにつながります。将来世代として、今日本がこの問題に正面から取り組み、対策を強化していく必要性を強く訴えました。



また、小泉大臣は今回の会も踏まえ、気候変動の問題に取り組むに当たって、いかに若者を巻き込み、モビライズできるかが重要課題であると述べており、私たちにも期待の言葉かけてくださいました。このような貴重な意見交換会を設けていただいた感謝とともに、私たちも同世代の日本の若者をもっと巻き込むことで、日本が気候変動問題に対して一層の取り組みを行い、世界をリードしていく一助となれるよう今後も励んでいきたいと思います。


閲覧数:136回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年度下半期報告書を公開しました!

本日3/31に、2023年度下半期報告書を公開しました。 CYJが2023年9月〜2024年3月に取り組んだ グループワーク、勉強会、フィールドワーク、政策提言、海外事業、国際会議(LCOY・COP)、登壇、出版物などの要旨を報告しています。 今期のCYJの活動に関わってくださったり、応援してくださったりした皆様、誠にありがとうございました。 以下のファイルからご覧いただけます。 目次 団体紹介・

2022年度下半期報告書を公開

本日4/13に2022年度下半期報告書を公開しました。CYJの2022年10月〜2023年3月の勉強会、政策提言、意見交換会、会議への参加、フィールドワークなどの要旨を報告しています。以下のファイルからご覧いただけます。 目次 1, 2022年度下半期運営メンバー一覧 p.2 2,2022年度下半期活動方針 p.3-5 3,グループワーク(GW)活動報告 p.6 4,各勉強会活動報告 ・エネルギー

Comments


bottom of page