top of page
  • 執筆者の写真climateyouthjapan

株式会社ブイクックさんとの共同イベント「サステイナブルな菜食へ」を開催!


先日CYJのライフスタイルチームで、株式会社ブイクック代表の工藤柊さんをお呼びし、共同イベント「サステイナブルな菜食へ」を開催しました!


CYJでは2021年の後期から、より環境負荷の低い食事である菜食(ベジタリアン、ヴィーガン食)に着目した「プラントベースプロジェクト」を始めました。


環境負荷の大きい動物性中心の食から菜食へ移行するために、

①消費者やサプライヤー(ベジタリアンショップ、企業など)へのインタビューを通じて、植物性食生活の実践を妨げている要因を調査する

②これらの問題を解決するための方法を議論・模索する

③その成果を、SNSやオンラインイベントのほか、政策提言などを通じて外部へと発信していく

等の取り組みを進めています。


イベント当日までには、菜食を実践する人や興味のある人20名程を対象に菜食に関する調査を実施し、彼ら彼女らの抱える課題の傾向として、家族や友人との対人関係への不安や、菜食のオプションがある店舗が少ないことを見出しました。また健康面では、体調が改善した場合と悪化した場合の両方が見られました。


これらのインタビュー内容をもとに、「誰もがヴィーガンを実践できる社会を創る」という理念でヴィーガンのレシピ投稿サイトなどを運営する株式会社ブイクック代表の工藤柊さんをお招きし、未来に向けてできることを共同イベントの形で話し合いました。


栄養学や料理法など情報の欠如に優先して取り組む必要性など、活動の糧になる気づきが得られ、とても有意義な時間になりました。


今後も「プラントベースプロジェクト」は継続し、環境にやさしい実践を広めるきっかけを作ってゆきたいと思います。


閲覧数:81回0件のコメント

最新記事

すべて表示

若者環境団体が3団体合同でオンライン説明会を行いました!

先日、日本若者協議会、A SEED JAPANと私たちCYJの3つの若者環境団体が合同でオンライン説明会を行いました! 「若者の声を政治に反映させることを目指す」若者協議会さん、 「社会的公正の視点から環境問題に取り組む」国際青年環境NGOの A SEED JAPANさん、 各団体ではメンバー募集をしていますので、興味のある方はぜひ各団体のHPをチェックしてみてください。 説明会の様子はこちらのリ

2023年度下半期報告書を公開しました!

本日3/31に、2023年度下半期報告書を公開しました。 CYJが2023年9月〜2024年3月に取り組んだ グループワーク、勉強会、フィールドワーク、政策提言、海外事業、国際会議(LCOY・COP)、登壇、出版物などの要旨を報告しています。 今期のCYJの活動に関わってくださったり、応援してくださったりした皆様、誠にありがとうございました。 以下のファイルからご覧いただけます。 目次 団体紹介・

Comments


bottom of page