top of page
  • 執筆者の写真climateyouthjapan

お知らせ:ecoTAPi初のイベント開催〜地球に優しいタピり方〜

日本でタピオカのリユーザブルカップを広めたい。

そんな思いからこの”ecoTAPi”プロジェクトは始動しました。若者に流行しているタピオカドリンクのマイボトル利用を通して、プラスチックごみ削減だけでなく、若者の環境問題意識の向上を促し、よりエコなライフスタイルへの変換を提案します。

当イベントは若者や学生向けに身近な”タピオカドリンク”がどう環境問題に関わっているのか、実際にタピオカ店の方やプラスチックゴミの問題に取り組む方の話を聞くことでアクションへと繋げることを目的とします。イベントページはこちらから!


※イベント当日はマスク着用の上ご参加いただくことを強くおすすめいたします。また、体調のすぐれない方は参加をご遠慮ください。


【主催】

ecoTAPi、R-Startup Studio


【日時】

2020年2月15日(土) 16:30-18:30


【場所】

RーStartup Studio 

東京都港区麻布台1-8-10 麻布偕成ビル1F

日比谷線神谷町駅 2番出口 徒歩7分


【参加費】

学生:無料、社会人:500円


【定員】

学生:20名、社会人:10名


【ご参加方法】

以下のフォームにご回答ください。


【コンテンツ】

i. オープニング

プラごみの現状とecoTAPiの活動に関する簡単なプレゼン

ii.トークセッション

テーマ:“タピオカドリンクから考えるプラスチックゴミ・環境問題“

登壇者(予定):

・北海道函館の環境に配慮したタピオカ店 Teaser藤田さん

・サステイナブルフードコンサルタント松山さん

・タピオカ店のスタッフ(検討中)

・ecoTAPi  代表 内田

iii.ワークショップ

「タピオカ店側の視点」と「消費者側の視点」のグループに分かれてディスカッションを行う。タピオカのマイボトル利用にはどのような問題があり、利用を普及するには何が必要でしょうか?



閲覧数:79回0件のコメント

最新記事

すべて表示

若者環境団体が3団体合同でオンライン説明会を行いました!

先日、日本若者協議会、A SEED JAPANと私たちCYJの3つの若者環境団体が合同でオンライン説明会を行いました! 「若者の声を政治に反映させることを目指す」若者協議会さん、 「社会的公正の視点から環境問題に取り組む」国際青年環境NGOの A SEED JAPANさん、 各団体ではメンバー募集をしていますので、興味のある方はぜひ各団体のHPをチェックしてみてください。 説明会の様子はこちらのリ

2023年度下半期報告書を公開しました!

本日3/31に、2023年度下半期報告書を公開しました。 CYJが2023年9月〜2024年3月に取り組んだ グループワーク、勉強会、フィールドワーク、政策提言、海外事業、国際会議(LCOY・COP)、登壇、出版物などの要旨を報告しています。 今期のCYJの活動に関わってくださったり、応援してくださったりした皆様、誠にありがとうございました。 以下のファイルからご覧いただけます。 目次 団体紹介・

Comments


bottom of page